忍者ブログ
心の宇宙に・・・ 今、あなたに伝えたい言葉・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「美人の日本語」 山下景子 著(幻冬舎)
一日一語、口にするだけで
心が綺麗になる
一年365日の言葉より



12月 31日の言葉は・・・
 大晦 (おおつごもり)
    ~明日を迎えるために~



 

 「つごもり」は、「月隠(つきこもり)」がなまったものだそうです。
 旧暦では、新月の日が一日ですから、月の終わりは月が隠れてしまう殻の意味で「つごもり」といいました。
 そして、一年の最後が「大つごもり」というわけです。
同じ字で「おおみそか」とも読みますが、「みそか」は「三十日」ということ。旧暦では、十二月はだいたい三十日まででした。
 この日の夜は、除夜ともいいます。旧年を除く夜という意味で、百八ある人間の煩悩を、除夜の鐘で払って、新年を迎えますね。
 一日を「ついたち」というのは、月立(つきたち)が変化したもの。
 明日からまた、新しい月が満ちはじめるように、あなたの一年も満ちていくのです。




と記されています・・・。


【月】に因んだ言葉だったのですね、【晦】、【一日】も・・・。
お月様、お好きですか?
私は、大好きです。
今宵の月は?どんな月でしょうか?
あなたに優しく微笑みかけていますでしょうか?


激動の2006年だったでしょうか?
穏やかな2006年だったでしょうか?
今宵、皆様と一緒に過ごせる喜びを感じながら、
皆様の幸せと無事を祈ります。

2007年が平和な年でありますように・・・。
PR

「美人の日本語」 山下景子 著(幻冬舎)
一日一語、口にするだけで
心が綺麗になる
一年365日の言葉より



12月 30日の言葉は・・・
 悲喜交々 (ひきこもごも)
    ~来年へのこもごも~



 

「交々」は、もともと「此も此も」だそうです。これもこれも、かわるがわる、次々に・・・・・・そんな意味です。
***中略***
 悲喜交々、さまざまな思い出に彩られて過ぎていく今年。
喜びばかりの人生はありえないでしょう。
 闇があってこそ光がわかるように、悲しみがあってこその喜びなのかもしれませんね。
それでも、人は喜びを求めて生きていくもの。
「これもしよう、あれもしょう」
 そんな交々を用意して、来年に向かいませんか。

と記されています・・・。


暗い闇の中で見つけた一筋の光・・・。
どんなに心強いでしょう。
必ず、朝は来ると信じて、今日を生きること・・・。
それが、光に通じるのではないでしょうか?


あなたの今年の【交々】は?
【悲】でしたか?【喜】でしたか?
来年は【喜】がイッパイになりますように!
でも、【悲】で始まったとしても、
必ず【喜】が訪れますから!
【笑顔】で過ごせば・・・。
思いやりの心あれば・・・、必ず・・・。


今年も後2日・・・、本当に、早いですね^^;
年を重ねると、マッハのスピードで
1年が過ぎていくようです(笑)
無事に今年が終わり、新しい年を
穏やかに迎えることができますように・・・。

「美人の日本語」 山下景子 著(幻冬舎)
一日一語、口にするだけで
心が綺麗になる
一年365日の言葉より



12月 29日の言葉は・・・
 甲斐 (かい)
    ~生きているだけでまるもうけ~



 

甲斐の語源は、「代(か)う」の連用形「かい」がめいしになったものです。「何かと引換えにする値打ちがある」というこてで、漢字は当て字です。
 人はm心の中でバランスをとって生きています。自分がとった行動と、その行動の見返りとの釣り合いがとれているかどうかを、無意識のうちにいつも考えているのだそうです。自分の方が割に合わないと感じた時、「甲斐がない」ということになるのですね。

と記されています・・・。

【見返り】・・・、期待するから、心のバランスを崩すのでは?
一度、バランスを失った心は、そう簡単には元に戻れないのでは?
【見返り】という言葉が、あまり好きではありません^^;
【心】込めて、自分がとった行動でも、
相手には負担になっていることもあるのですよね^^;
押し付けにならにようにしなければ・・・。
よかれと思ってとった行動が
相手を傷つけていることもあったりして、
時折、自己嫌悪に陥ることもあります。
でも、今は、通じなくても、
いつか、きっと、伝わるだろうと信じることが、
私の【心】のバランスを保つ方法かもしれません^^;

皆様は【心】がバランスを失った時、
どうされているのでしょうか?


今日の言葉は【甲斐】でした^^;
目に見えないものだけに、
自分だけの【ものさし】で判断しないことが必要なのでしょうか・・・。
皆様にとって、【生き甲斐】とは?
【生きている】から、感じることが出来るのですよね、
【甲斐】って・・・。

「美人の日本語」 山下景子 著(幻冬舎)
一日一語、口にするだけで
心が綺麗になる
一年365日の言葉より



12月 28日の言葉は・・・
 心化粧 (こころげしょう)
    ~心を装う~



 

 心構えをして、改まった気持ちになることを、心化粧といいます。
 ありのままの、素顔の心を見せるということは、すばらしいことです。
 でも、お化粧をした心もいいものです。お客様を家に招く前、気持ちよく過ごしてもらうために、お掃除をしますね。そんな感覚だと思っていただければいいでしょう。
 化粧は、もともと、神事など、晴れの日だけにするものだったようです。

と記されています・・・。


さぁ~、晴れの日のために、心にお化粧をしましょうか^^
隠すのではなく、もっと、素敵になるようにと・・・。
ありのままをさりげなく装うように・・・。


ところで、化粧直し、されますか?
はははっ、落ちたらそのままの私ですが^^;
心化粧するように、やはり、化粧直ししないとね(笑)

このお部屋も、少し、
手直ししようかなぁって思っています^^;
時々、大変な所をお見せするかもしれませんが、
化粧直しに手間取っていると思っていてくださいね(笑)

「美人の日本語」 山下景子 著(幻冬舎)
一日一語、口にするだけで
心が綺麗になる
一年365日の言葉より



12月 24日の言葉は・・・
 聖夜 (せいや)
    ~それぞれのイブ~

Christmas

皆様はどんなクリスマスをお過ごしでしょうか?

 

 クリスマス・イブを漢字で表すと、こなります。
「聖」という漢字は、Saintの訳語としてすっかり定着してきましたが、
昔からある漢字です。
「ひじり」と読み、徳の高い、優れた人や僧のことをさす言葉でした。
「ひじり」の語源は、「「日知り」「独り知り」「秀知り」「霊知り」
「慙(はじ)知り」などさまざまですが、普通の人より特別何かを知っているということでしょう。
***中略***
「せいや」という言葉にも星夜、清夜、静夜などがあります。どれも、クリスマス・イブの雰囲気に合っていますね。
 あなたのクリスマス・イブは盛夜?勢夜?それとも凄夜?


と記されています・・・。


う~~~ん、やはり、【星夜】がピッタリでしょうか?
冬の星空綺麗ですものねっ!
満天の星の下、肩寄せ合って、
愛を語っているのでしょうか、恋人たちは・・・。

今日は、プレゼントは何もいらない・・・。
二人で過ごせればそれだけで幸せなのでは?
どんな高価なものよりも、二人で築く時間が大切!
素敵な聖夜をお過ごしくださいね^^

私から、皆様に・・・、



カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
素材をお借りしてるサイト
最新トラックバック
プロフィール
HN:
心星★^^
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
私のブログ^^
忍者ブログ [PR]