忍者ブログ
心の宇宙に・・・ 今、あなたに伝えたい言葉・・・
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「美人の日本語」 山下景子 著(幻冬舎)
一日一語、口にするだけで
心が綺麗になる
一年365日の言葉より



9月 4日の言葉は・・・
 虫時雨 (むししぐれ)
    ~左脳で聞く音~



 「虫時雨」とは、鳴きしきる虫の音を時雨の音にたとえていったものです。
 時雨は、降ったりやんだりする小雨のこと。
 音を時雨にたとえるものには、ほかに、「蝉時雨」や「川音(かわと)の時雨」があります。
 日本人は、虫の鳴き声を左脳でも聞く数少ない民族だそうです。
 右脳しか使わなければ、単なる物音や雑音としてしか聞こえない虫の鳴き声を、日本人は、虫の「声」として言葉として聞いているのですね。
 右脳で感じた音を左脳で翻訳し、また、右脳で感じるという作業を繰り返しているのでしょう。
 それは、相手の言った言葉から、その気持ちを汲み取る作業と似ています。
 あなたは、虫たちの声から、どんなメッセージを汲み取りますか?
 


降ったりやんだり・・・本当にそうですね^^
今も、少し、休んでいるかと思えば、
また、鳴き始めました^^

左脳?で感じるって?????
意識しないでも日本人はそうしてるのでしょうか?
右脳と左脳の役割が未だによくわかっていません^^;
でも、右脳で感じ左脳で翻訳し、また右脳でって
すごいことですよね!
蝉時雨の後は、虫時雨・・・。
その後は、何時雨でしょうか?
やっぱり、日本語は素敵ですね^^
英語では、鈴虫や松虫の鳴き声なんていうのでしょうね?
メッセージはあるのでしょうか?

今宵、聞く虫時雨は
今までと違って聞こえるかもしれませんね^^
静かに耳を澄ましてみましょうか!

PR
この記事にコメントする
 
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
秘密^^  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
無題
相手の行った事からその気持ちを汲み取る作業
昨今は言葉通りを受け止めたり、
言葉尻を誹ったり・・・
汲み取るどころか、最初から相手の気持ちを考えない方も・・・
脳の使う場所が狭まっているのではないのでしょうかね。
汲み取れない人に限って、汲み取られてない事に敏感だったりします。
脳のどこ使ってたら、そんな都合よく出来るのやら・・・
雪山童子 2006/09/04(Mon)00:41:36 編集
雪山童子様、仰るとおりです^^
なかなか、言葉通りに素直に受け止めることが出来ません^^;
相手の気持ちを思いやれば、出なかったかもしれない一言・・・。
自分のことばかり考えがちな今日この頃を反省です(;´Д`)
【2006/09/09 05:35】
日本語
日本語は、使い分けが大変だけどとても奥が深いですよね☆
多分私は日本語の10分の1の使い分けもできてないですけど(笑)
もっともっときれいな日本語を見つけてみたいですww
すず 2006/09/04(Mon)23:43:11 編集
すずちゃん、おはよう^^
ほんと、難しいね^^;
ちょっと、一文字違うと・・・。
気をつけなくっちゃって、思うね。
綺麗な日本語・・・見つけないとね!
【2006/09/09 05:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
素材をお借りしてるサイト
最新トラックバック
プロフィール
HN:
心星★^^
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
私のブログ^^
忍者ブログ [PR]